司法書士に過払金請求を依頼するメリットとデメリット

司法書士に過払金請求を依頼するメリットとデメリット

過払金の請求をしようと考えた後に直面する問題といったら、どうやって過払金の請求を進めていこうかと言う点ではないでしょうか。過払金の請求の仕方は大まかに三種類あります。①自分で過払金を請求する。②弁護士に相談する。③司法書士に相談する方法です。
どのやり方にもメリットとデメリットはあります。今回は③の過払金請求を弁司法書士に依頼するメリットとデメリットについて説明していきたいと思います。

過払金請求を自分で行うメリットデメリットについてはこちらをご覧ください

司法書士とは?

過払金請求をする手段として、よく耳にする1つである司法書士ですが、司法書士の業務は過払金請求をすることがメインではありません。メインとなる仕事は、色々な問題に対して、登記行うことです。例えば、売買等の不動産取引において、所有者の権利に関する登記を行う不動産登記や、設立・役員変更等、会社・法人に関する登記を行う商業登記など。その他にも、訴訟分野や相続・家事事件分野や多重責務分野などがあり、過払金請求に関する内容は、多重責務分野に該当します。また、訴訟提起や成年後見も司法書士の業務です。このように、過払金請求の業務は管轄内ではありますが、数ある業務の中の一部なのです。そのため、司法書士は弁護士と比べ多少の制限があります。(後述)

登記とは?

権利の得喪・変更などを広く社会に公示するため、所定の事項を帳簿に記録すること。(広辞苑より)
弁護士や司法書士や法律について学んでいるでない限り、登記の知識を持っている人は少ないと思います。そのため、突然相続の手続きをしなくてはならなくなったことや、訴訟問題が突然起こる。また、会社を設立したいと思った時に専門家なしに行うことは難しいでしょう。そういった私たち市民や企業に代わって適切な登記申請を行い、必要な法的アドバイスをするのが司法書士の役割です。

弁護士との違い

弁護士は法律の専門家です。トラブルを抱えて困っている人を、法律の観点からサポートまたは援助する方々たちです。私たちが生活している今、様々な問題が起きています。その問題は大きく分けて2つあり、民事事件と刑事事件です。
民事事件は、騒音問題、日照権問題、離婚問題、自己破産等の債務整理。
刑事事件は暴行や痴漢、万引き、詐欺や殺人事件です。
弁護士は、私たちをこういったあらゆるトラブルから守ってくれます。その中にもちろん過払金請求があります。(過払金請求は民事事件に該当)。
司法書士ももちろん法律に詳しいですが、先ほども記述した通り、司法書士の過払金請求は管轄にあるだけで過払金請求に関してメインの業務では無いのです。登記が専門の仕事です。弁護士とはこの点が違います。
そのため、司法書士は弁護士に比べ費用が安くなってしまいます。また、司法書士の過払金請求は上限金額があるのに対し、弁護士は上限金額がなく過払金請求ができます。

過払金請求を弁護士に依頼するメリットデメリットについてはこちらをご覧ください

司法書士の過払金請求はなぜ上限金額があるのか?

司法書士の過払金請求は140万円未満という上限金額があります。それは、法律事務は,本来,弁護士しか行うことができず,他の司法書士等の士業は,法律で認められた範囲でのみ業務での業務となってしまうからです。
司法書士は,法律上,訴額140万円を超える民事事件の相談・和解・代理を行えない(司法書士法3条)。という司法書士の法律があります。そのため制限がかかってしまうのです。
これを行うと弁護士法違反として刑事処罰の対象となります。

過払金請求を司法書士に依頼するメリットとデメリット
メリット
弁護士に依頼するより費用が比較的安く済む傾向がある。
デメリット
上限金額があり、140万円以下の過払金請求しかできない。
トラブルが多く存在。(司法書士のトラブルについてはこちらをクリック)

過払金請求の流れや費用についてはこちらをご覧ください

このサイトをご覧になっている方は、過払金請求を弁護士にしようか、それとも司法書士にしようかと迷っている方なのではないでしょうか?
私は、過払金の請求額を自分で計算してみて、少額な過払金請求(140万円以下)であった場合は司法書士に依頼することをおすすめします。
先ほども記述した通り、司法書士は法律により、140万円以上の過払金請求はできません。しかし、過払金が140万円未満の方は、一概には言えませんが、弁護士に依頼する費用より司法書士に依頼した方が安くすむため、140万円未満の過払金請求をする方には司法書士に依頼するのがピッタリだと考えます。しかし、司法書士に依頼した際にトラブルにあってしまったという方もいます。(司法書士のトラブルについては後述)。司法書士にも過払金請求を悪用している方々もいます。そういった面には十分ご注意してください。

司法書士のトラブル

司法書士に過払金請求をした際にトラブルが多発してしまっています。「過払金 司法書士」で検索をしようとすると「過払金 司法書士 トラブル」と出てくるまでですから、悪用する司法書士が多く出てきてしまったようだ。その理由は、2006年よりみなし弁財が廃止され、過払金が発生している人が多発し、それに伴い弁護士と司法書士は過払金請求をする業務が増えました。これがビジネスとして成立と判断した多くの司法書士が、簡単な過払金請求だけを行い債務整理はしないとか、債務者の無知につけこみ高額な報酬をとるとか、案件数を受けすぎて長期間案件を放置するなどの依頼者と司法書士間のトラブルが多発してしまいました。
その為、もちろん弁護士も信頼できるところに依頼する必要がありますが、過払金請求を司法書士に頼もうとしている方はもっと注意するべきです。また悪徳司法書士を回避する対策は少なからずとることができます。

対策は取れます

対策は信頼できる弁護士事務所、司法書士事務所に依頼を見極めるのが一番です。
1. 実際に窓口で説明を受ける
今はメールで過払金請求の業務を行ってくれる弁護士や司法書士もいて、メールの方が、証跡が残ることや、家族にバレず過払金請求ができる等のメリットはありますが、悪質な司法書士や弁護士に引っかからないためにも実際に窓口に行くことをお勧めします。
2. 過剰な勧誘をされるかどうか
過剰な勧誘は悪徳業者の可能性があります。プランなどの説明がしつこいようでしたら関わらないことをお勧めします。
3. その法律事務所をネットで検索をかけてみる
今では悪評などがすぐにネットで広がってしまいます。ですので、検索をかけてもその法律事務所や司法書士事務所が出てこない。または、悪評が多い等の場合には依頼しないことをお勧めします。

過払金の計算方法

過払金の計算は引直計算というやり方で計算します。
引直計算は今まであなたが消費者金融等と取引を開始した日とまた何月何日にいくら返済したのかのデータを集め、今まで貸し付けをされていた利率と、利息制限法に基づいた利率で計算し、比較して過払金がいくらあるのかの計算をします。

例えば、10万円を借りた場合
本来
100000×0.18=18000
元金10万円+1万8000円
11万8000円

今まで
100000×0.29=29000
元金10万円+2万9000円
12万9000円

12万9000円―11万8000円=1万1000円 過払金

この流れが引直計算です。

Related posts

  1. 過払い金Q&A

  2. 過払金請求の裁判の費用や期間

  3. 過払い金とは

    過払金の費用と相場

  4. 過払金請求の和解とは?

  5. 過払金請求を弁護士に依頼するメリットとデメリット

  6. アディーレ法律事務所  口コミ 評判 分析

  7. みどり法務事務所  口コミ 評判

  8. 自分に過払金がいくらあるのか?

  9. 利息について

エリア別事務所一覧

  1. 司法書士法人杉山事務所 札幌事務所

  2. 一番町法律事務所

  3. ひろむ法律事務所

  4. 仙台のぞみ法律事務所

  5. 長澤弘法律事務所

  1. みどり法務事務所 東京事務所

  2. たかさき法律事務所