過払金請求を弁護士に依頼するメリットとデメリット

過払金請求を弁護士に依頼するメリットとデメリット

過払金の請求をしようと考えた後に直面する問題は、どうやって過払金の請求を進めていこうかと言う点です。過払金の請求の仕方は大まかに三種類あり、(1) 自分で過払金を請求する。(2) 弁護士に相談する。(3) 司法書士に相談する方法
どのやり方にもメリットとデメリットはありますが、過払金請求をする人の多くは弁護士に依頼する方が多いです。やはり、自分で過払金請求を行うのは難しいと判断し、また司法書士よりも弁護士に依頼する方が大半を占めています。今回はその過払金請求を弁護士に相談するメリットとデメリットについて説明していきたいと思います。

過払金請求を司法書士に頼むメリットとデメリットについてはこちらをご覧ください

自分がいつから消費者金融から借り入れを行なって、毎月いくら返済していっていたのかなどは自分が一番知っている為、本来は自分で過払金請求をした方が良いでしょう。しかし、自分に過払金があるのかもわからない、また自分には過払金がある事がわかっていても手続きの仕方がわからないなどで、過払金の請求を弁護士に頼みたいと思っている方は多いのではないでしょうか。確かに、過払金がいくらあるのかの計算や、過払金請求の手続きには一般の方には難しいこともあります。その為、自分より過払金について詳しい。また、経験豊富な弁護士に頼ると安心です。

弁護士がやってくれること

弁護士は基本、相談を受けて、契約をした時から過払金返還が完了するまで一緒に手続きを行なってくれます。また、過払金請求を自分で行っていて途中で行き詰まってしまった際にも、そこから返還完了まで手続きを行ってくれます。
具体的に言うと、まずあなたと消費者金融がどのようなやり取りを行なっていたかの取引開示を消費者金融業者に求め、それを元に過払金がいくらあるかの計算し、過払金請求額の決定し、消費者金融に請求する。相手が拒めば裁判をし、妥当な返還額の決定までの作業を行います。この流れには、一般の方には分かりづらい手続きを多く踏みます。例えば、過払金があるのかの計算方法、また請求書の書き方。裁判になった場合の書類提出。妥当な返還額の消費者金融との交渉などです。この複雑なやり取りを弁護士がやってくれるのは大きなメリットとなるでしょう。しかしデメリットも存在します。まずはデメリットから説明していきます。

弁護士に依頼するデメリット

過払金請求を弁護士に頼む時のデメリットとして主に3点あります。

(1) 費用がかかる

過払金請求を弁護士に依頼する際の一番のデメリットは費用がかかってしまうことでしょう。過払金請求を他の人に頼むわけですから費用は発生してします。全ての法律事務所がこの値段とは言えませんが、一般にかかる費用は、契約費用にプラスして返還された過払金の20%が弁護士の報酬になると言われています。

(2) 対面でしっかり説明する必要がある

今は、対面して弁護士と話し、過払金請求をしなくても、メールで弁護士とやり取りをし、過払金の返還をすることも可能ですが、いつから借り入れを行なっていて、いついくら返したかなど、話の行き違いを少しでもなくすためには弁護士と対面で話す必要があるかと思います。「家族にバレたくない」「忙しくて通う暇がない」と考えている方には、対面して話すというのはデメリットになります。
しかし、メールで過払金請求のやり取りを行うことは明らかなデメリットではなく、「家族にバレずに済む」「メールの証跡が残る」「通う手間が省ける」等のメリットになる方もいるかと思います。

過払金請求を弁護士に依頼するときのデメリットはこの二点で、ほとんどに人がデメリットと感じる点は、やはり費用がかかってしまうという点です。その他はデメリットと感じることが少ないでしょう。
またこの二点のデメリットを負担だと思っていない方もいるかと思います。そういった方にはメリットしかありません。そういった方には率直に弁護士に過払金請求を依頼することをお勧めします。

弁護士に依頼するメリット

(1) 無料相談があって不安でも相談しやすい

まず自分には過払金があるか分からない。でも、あったとしたら時効で無くなってしまう前に過払金の請求をしたいという方などに一番のメリットは、法律や過払金について詳しい法律事務所が無料で相談にのってくれるという点だろう。近年では「まずは無料相談」と書いてある法律事務所が増えてきていますので、迷っている方は一度相談を行ってみましょう。

(2) 自分が行う手続きがなく負担ゼロ

先ほども記載しましたが、これも過払金請求を弁護士に頼む大きなメリットです。
弁護士は、あなたがいつから消費者金融業者とやり取りをしていて、いつにいくら返済をしてきたのかを知りません。そのため消費者金融業者に取引開示をしてもらう必要があります。しかし大手消費者金融業者にはないかもしれないが、悪質な消費者金融業者は取引を始めた日からのデータではなく、途中からの取引しか開示していなかったり、最悪無視してくることも、数少ないですがありえます。そういった問題に直面した時には、行政官庁に勧告してもらうことが可能です。こういった手続きを全てやってくれるのは大きなメリットでしょう。

(3) 実績がある 体験談

過払金請求の実績がある点もメリットでしょう。過払金請求をする人は誰しも初めてです。しかし、弁護士は数多く過払金請求の経験をしているため、イレギュラーなことが起きても対応できることが多いです。またもちろん法律についても詳しいため一人で過払金請求を行うよりスムーズに取引が完了するでしょう。

以上三点の過払金請求を弁護士に依頼するメリットを記述しました。費用がかかってしまうデメリットも紹介はしましたが、基本的には、過払金請求の依頼は弁護士に頼むことをお勧めします。個人で行った場合は手間やトラブルがありますし、司法書士は過払金の請求額に限度が生じてしまいます。ですから過払金請求は弁護士に依頼することをお勧めしています。そして、実際に過払金請求をする人のほとんどの方は弁護士に依頼しています。

どこに依頼するかに迷う?

過払金請求を弁護士に依頼しようと決定したとしたら、次に思うことは、どこの法律事務所に依頼しようかという点でしょう。どこに相談をしたら費用が比較的に安く済み、適切な対応をしてくれるのか等を、実際に迷ってる方は多く存在します。
また、過払金請求する法律事務所おすすめを調べても、弁護士が自分の法律事務所をおすすめと言っている場合もあるので注意しましょう。
基本的には、ネット検索を行い、上位に出てくる法律事務所をお勧めします。上位に出てくる法律事務所は実績がある上に適切な対応をするからです。
なるべく安くと考えている方は「過払金 法律事務所」と検索をし、その上位に出てきいくつかの法律事務所を比較し、一番安いところに依頼するのが良いでしょう。しかし、あまりにも安い法律事務所に依頼してしまうと、悪質なところに引っかかってしまうことがありますので注意が必要です。

また、今回は弁護士に依頼するメリットデメリットを記載しましたが、過払金請求は個人で行うことや、司法書士に依頼することも可能です。個人で過払金請求をするメリットデメリット。また、司法書士に依頼するメリットデメリットについてもまとめてありますので、気になる方はこちらをご覧ください。

Related posts

  1. 個人で過払金請求をするメリットとデメリット

  2. 過払金請求する際のメリットとデメリット

  3. 過払金請求の裁判の費用や期間

  4. 銀行からお金を借りた場合は過払金あるのか?

  5. アディーレ法律事務所  口コミ 評判 分析

  6. みどり法務事務所  口コミ 評判

  7. 自分に過払金がいくらあるのか?

  8. 過払金請求の和解とは?

  9. 過払金とは

エリア別事務所一覧

  1. 司法書士法人杉山事務所 札幌事務所

  2. 一番町法律事務所

  3. ひろむ法律事務所

  4. 仙台のぞみ法律事務所

  5. 長澤弘法律事務所

  1. みどり法務事務所 東京事務所

  2. たかさき法律事務所