利息について

利息について

銀行や消費者金融業者(アコムやレイク)などのお金を貸す側は、タダで人にお金を貸すことなど絶対にありません。貸す金額にプラスして必ず利息というのを借主に対してつけます。銀行や消費者金融業者はこの利息(金利とも言う)で利益を出しています。あなたは銀行や消費者金融業者からお金を借りた時に、提示された利率(何%)かで契約をし、借り入れを行なっています。
銀行や消費者金融業者からお金を借りたことがある人、またこれから借りようと考えている方は必ず利息というものを知っておく必要があります。利息について知っておかないと損をしてしまう事があります。
このページでは利息とは何なのか、利息はどのように決定されているのか、また利息の計算の仕方を詳しく説明していきます。

利息や金利、利率とは?

冒頭で述べた利息や金利、利率とは何なのでしょうか?
利息と金利はほぼ同じ意味です。ではなぜ2つの言い方があるのでしょうか?それは立場によって言い方が異なるからです。
利息はあなたが銀行や消費者金融業者からお金を借りる時に借り入れをした金額(元金)につけられるものです。つまり貸す側の言い回しです。
それに対し金利とは、借りる側の言い回しです。借りる側は貸した側に対して元金にプラスしてお金を返さなければなりません。このことを金利と言います。
また、金利は年利とも言うことができます。
銀行や消費者金融からお金を借りるときに、よく「年利何%」を見かけるのではないでしょうか。銀行や消費者金融業者は、基本年利で貸し付けをしています。
年利の、年とは「1年で」と言う意味で、利は「利率」のことです。つまり、1年で何%の利率を取りますよ。と言うことです。他にも、日歩と月利があります。日歩も月利も年利とほぼ言い回しは変わらず、日歩は、1日に対する利率、月利は、1ヶ月に対する利率のことです。
そして、利率とは、金利や利息を具体的に示したパーセンテージ(0%〜20%)のことを言います。

金利の決定方法は?

お金を借りるといっても主に2種類あります。1つ目は銀行からお金を借りる場合。2つ目は消費者金融業者からお金を借りる場合です。
どちらを利用しても、貸す側が借りる側に対して取ってもいい金利は利息制限法によって定められています。
金利の決定方法は、銀行も消費者金融各社も大概、利用限度額によって金利は決定されています。
利用額が大きいと金利は低くなり、利用額が小さいと金利は高くなります。
各消費者金融業者によって金利は異なりますが、利息制限法によって借主から取ってもよい金利は定められていますので、だいたいの金利は同じな事が多いです。
例えば、アコムとレイクを比較してみましょう

アコムの利用限度額
1万円〜99万円  7.7%〜18.0%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
301万円〜500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

レイクの利用限度額
1万円〜99万円 15%〜18.0%
100万円〜200万円 12.0%〜15.0%
301万円〜400万円 7.0%
401万円~500万円 4.5%

このように利用額に対しての金利は各消費者金融とも大差はあまり感じません。この利用限度額に対する利率は各消費者金融のホームページに記載されています。自分が借り入れを行いたい金額に対する利率はどのくらいなのかを調べ、比較しましょう。

カードローンや消費者金融各社には審査がなく、比較的簡単にお金を借りることができます。消費者金融各社から借り入れを行うメリットはこのことでしょう。
審査がない為、利用限度額だけを元に利率は決まります。
各消費者金融業者の利率相場はこちらをクリック(スクロール)

先ほどの利用限度額の数字を元に、例を2つ出したいと思います。
例えば、アコムで300万円を金利8%で借り入れを行なった場合
3000000*0.08=240000

つまり、元金300万円に対して返さなければいけない金利は24万円と言うことです。

続いて、レイクで100万円を金利12%で借り入れを行なった場合
1000000*0.12=120000

つまり、元金100万円に対して返さなければならない金利は12万円と言うことです。

また、現在の利息額を知らない方は以下の計算方式で計算することができます。
「借入額×利率÷365日×ご利用日数=利息」

例えば、100万円を金利8%で2年間借りた場合の利息は
1000000*0.08÷365*730=160000

つまり、2年間返さなければならない利息額は16万円です。

しかし、注意点があります。それは元金が減っていくと言うことです。当たり前ですが、月々お金を返していく為、元金は減っていきます。その為元金が100万円→95万円→90万円と減っていきます。それに対する金利を取られる為、返さなければならない金利は元金が減っていくとともに減っていきます。

そして、カードローンや消費者金融と異なるのは、銀行から借りる住宅ローンやカーローンです。
多額な借り入れを行う住宅ローンやカーローンには審査があります。もちろん貸す側は、貸したお金が返って来ないと損をします。そのため住宅ローンやカーローンといった多額のお金を貸すときは、「この人に本当に貸していいのか」の審査が行われるのです。
審査には主に、希望する借入額、個人の信用情報、過去の取引、担保のありなしを見ます。
そして、それを加味した上で、利用限度額の利率を元に決定し、借主に提案します。
またこの場合、借主が固定金利か変動金利を選択できます。
金利はインフレやデフレの関係で常に変わっています。インフレだと物価が安くて買う人が多いため金利は下がります。それに対して、デフレだと物価が高くなるため、物を買う人が少ないため、金利は上がります。
固定金利とは、5年や10年で期間を決定し、その間は全体の金利が高くなっても、低くなっても契約期間中の金利は変わりません。つまり、自分が契約をした固定金利より経済が低い金利であった場合は損をしますが、経済の金利が高い時には特をします。
それに対し、変動金利は、インフレやデフレによって金利が変わればそれと同時に借主の金利も変化して動きます。金利が高い状況が続いてもその金利で払っていかなければいけない為、もちろんリスクはありますが、逆にずっと金利は低ければ固定金利より得をすることはあります。
住宅ローンやカーローンを検討している方はその時の景気や今後の景気をよくみて検討する必要があります。

消費者金融の金利の相場って?

先ほども説明しましたが、利息制限法によって借主からとってもよい金利は決まっている為、各消費者金融業者とも金利の変化はあまりありません。
大手消費者金融5社における金利の平均は、下限金利が3%~4.5%ほど、上限金利は18%ほどが相場です。

今回は利息について、また利息の計算方法についてまとめました。また2006年より前に借り入れを行なっていた方は過払金がある可能性があります。過払金があるかもしれない方は確認してください。過払金は絶対に返ってきます。
2006年以前も、利息は利息制限法という法律で借主からとっていい利率は決まっていましたが、2006年より前はみなし弁財規定があったため、出資法(刑罰される利率)以下で消費者金融業者は借主に対して貸付を行なっていました。これは、借主が消費者金融業者に払い過ぎていたお金。いわゆる過払金です。

過払金について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

過払金はあるだけではなく、過払金が発生した時点で過払金にも利息がつきます。
過払金の利息について詳しく知りたい方はこちらの過払金はいくらあるのかをご覧ください。

Related posts

  1. アディーレ法律事務所  口コミ 評判 分析

  2. 司法書士に過払金請求を依頼するメリットとデメリット

  3. 利息制限法と出資法について詳しく解説

  4. 過払い金Q&A

  5. 銀行からお金を借りた場合は過払金あるのか?

  6. 個人で過払金請求をするメリットとデメリット

  7. 過払金請求を弁護士に依頼するメリットとデメリット

  8. 過払い金とは

    過払金の費用と相場

  9. 過払金請求の和解とは?

エリア別事務所一覧

  1. 司法書士法人杉山事務所 札幌事務所

  2. 一番町法律事務所

  3. ひろむ法律事務所

  4. 仙台のぞみ法律事務所

  5. 長澤弘法律事務所

  1. みどり法務事務所 東京事務所

  2. たかさき法律事務所