小池都知事「豊洲移転」正式表明、5年めど「築地再開発」

 


「私は豊洲移転ありきではなく、基本的に築地。そのスタンスから始まっているからこそチェックもしてきた」
「築地のロケーション、ブランド力を単なる引っ越しにしてはいけない。両方の良さを生かした方が共存につながる」
「築地市場の方々、東京都民ならず、日本が育てて守ってきた築地の伝統やブランド。私はこれらを守っていくんだという信念と、豊洲で累積してしまう赤字という将来の負の遺産は残してはならないという次の世代への思いと、これから日本一の世界に誇る築地ブランドからの食に魂を込めまして、この築地を再開発するという基本方針を判断するに至ったことでございます」
「私は築地市場の再開発を含む市場の新たなプランについて、都の職員の方に指示をまとめるように指示を致したところでございます。築地市場につきましては5年後をめどとして再開発をしていく」
今後の築地市場の具体的な活用方法については次のように説明しました。
「築地市場の跡地は当面オリンピック用のデポ、輸送拠点として活用する。」
「その後、食のテーマパーク機能を有する新たな市場として東京をけん引する一大拠点とする」
「豊洲市場は新たな中央卸売市場としての機能を優先させる。」

TBS News i 2017年6月20日 18時54分 (2017年6月20日 21時10分 更新)

以上がニュースの概要です。
会見の全文は「世界をログする書き起こしメディアlogmi」に掲載されています。

誰の企画でしょうか?


都庁のスタッフと書いてありましたが
かんたんにまとめると
・豊洲に魚市場を移転して「豊洲魚市場ブランド」をスタートさせる
・その間の築地は「オリンピックの物流拠点」として使う
・オリンピックが終わる5年後
「築地魚市場ブランド」を再生させる
という案は、「机上の帳尻合わせ案」にしか見えません。
二者択一が難しくなって三者目(無難な案:害の偏りを少なくしたため価値も無い)を登場させたような案です。
三方一両損のような折衷案ですね。
今の局面を乗り切ることしか考えていないように見えます。
以下のことをわかってやっていたら、策士のようですが、「とても無責任な策士」に見えます。

理由1
再生した築地は、性格が拡大され、日本の歴史の中にある、「築地の魚市場」ではなくなります。
「テーマパーク」と言い換えて”ごまかしている”のかもしれません。
企画した人は、気づいていると思いますが、「ブランド(ブランディング)の観点」からは、築地ブランドとは「魚市場ブランド」ですね。
「築地」という地名ブランドが、「魚市場」を削除しても単独で存在できると勘違いしてるかも。
理由2
移転した間の「豊洲魚市場」のブランディングは、あとから築地が復活したときのために、強烈なイメージを残さないように「ブランド確立は控える」のでしょうか。
・仮ブランド(いずれ消滅)として扱うということでしょうか。
・バトンタッチしたら豊洲ブランドを消し去るのでしょうか。
・ブランドが確立しないように「訴求を押さえて営業」するのでしょうか。
まるで中継ぎだから本気でやるなと言っているようです。
理由3
そんなはんぱなことは当事者はできません。頑張って2-3年もやれば、「豊洲魚市場ブランド」は、しっかり出来上がってしまいます。
「五輪のデポ築地」なんてブランディングしないでしょうから、2-3年で忘れ去られます。
理由4
双方に「市場機能」を持たせるって「分割・分断案(2つの市場案で弱体化案そのもの)」ですね。
市場が機能を持てば、その機能を使う人がいるので(別の場所でも)動いてしまいます。
理由5
会見ではこういった議論・質問は出なかった。
出させなかったのかわかりませんが、追求点を「お金(予算)」に集中させて気をそらしている。

個人の思いを優先させた会見で、さも理由があるように語っていましたが、これこそが、「企画内容」と「発表」の「つじつま合わせ」で、”練られたコメント”でしょう。理念や決意を情緒的に語ると(企画した人の)底の浅さが見えてしまいます。言わされる人は、かわいそうです。

この案を活かすには、
2か所を1か所のようにつなげて(広大な面積になるが)そこを「築地魚市場」としてブランディングするしかありません。
または、豊洲は住所で、豊洲に在っても、市場名は「築地魚市場」とする。
いずれにしろ「豊洲魚市場」は幽霊ブランドになる。
基礎に欠陥があったら、修正は不可能と考えたほうがよいでしょう。
今回の、都庁や、元受けだか下請けだか、全員が雑な仕事をしてしまうと、こうなるという典型事例です。
この案を活かすには、というより、これは「基本方針」という便利なもので、今後いくらでも変更できてしまいます。
何をどう変更・修正してくるか見ものです。

シェア・フォローお願いします。
↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket