3 企画力の解明(③表現力)

   2017/05/03


企画の表現では
・「なぜ、そういう結論になったか」の論理
・「実行するとどうなるか」の最後のかたち(完成予想)
の2つが、大きな表現ポイントです。
気づき、組み立てられた「あなたの頭の中」にある企画案を、
相手の頭の中にインプットしなければ伝わりません。
そのために
1)「案を見える化」する
2)「内容を説得」する
に分けて解説します。

図解(表現力)

1)「案を見える化」する

「何の企画(種類)」をしたのかにより、
「何によって」案の姿を見せるか、
案を載せるメディア」が変わります。
・コンセプト開発などでは「文章」や「図解
・街づくり(店づくり)などでは「図面」や「模型
・商品開発(工業デザイン)などでは「試作品
・アパレル・ファッションデザインなどでは「スタイル画
・広告宣伝案やWEBサイトの企画では「クリエイティブ案
・ビジネス事業開発などでは「収益シミュレーション
といったように、企画テーマごとに最適な見せ方(表現のしかた)があります。
さらに、
「飲食業のメニュー開発案」などでは、「新しい開発方針の提案」は「企画書」や「スライド」でのプレゼンテーションで行い、その結果としての「新メニュー」は「試食(試作)」などで検討されるといったように、企画段階ごとにも最適な見せ方・伝え方があり、いくつかを組み合わせるのが実態です。
企画の進行に沿って、これらを織り交ぜて提案することになります。
・模型のすごさ
・画面のおもしろさ
なども重要ですが、それに頼ってはいけません。
肝心なのはその説明のしかたです。
※KASEDA流では、“模型の作り方”や“クリエイティブ案”の作り方については解説しませんので各自研究してください。
※「案の見える化」であって「最後のかたち(出来上がり予想)を表現すること」だけではありませんので注意してください。

2)「内容を説得」する

①企画案をどう成立させたのか
「因果関係」を表現することになります。
着想・構想段階で「この案件について、どう考えたのか」という企画のストーリーをつくります。この企画で問題が解決できることを伝えます。
その「説明の手順」をつくってください。

②企画書をどう作成するか
企画ストーリーのなかの「特定の部分を証明する資料」の作成です。
企画ストーリーも目に見える形で表現することになります。
プレゼンの準備としての「企画書作成」作業です。
「企画書ストーリー(ページ構成)」をつくります。
「話すこと・見せるページ」などが決まります。

③プレゼンなどでどう話すか(話の展開)
どのように説得するかの手順を決めます。
「話し方」を含めた「説得ストーリー(あらすじ)」をつくります。
今までのすべての企画作業は、
この最終段階での「説得」を目的として考えます。
説得には、
この3つの「説得の粗筋(あらすじ)」を決めておくことが肝心です。

図解(3つの企画ストーリー)

ストーリーづくりのポイント

①企画ストーリー
あなたの頭の中の因果関係(企画の論理)を説明します。
「問題→原因→対策」の順が基本です。
着想段階や構想段階でどう考えたのかを「端的」に押さえてください。
・これが原因で
・これが発生した
・それにより困った問題が起きた
・その対策は
・こういった理由で
・これを選んだ
といったことを「かいつまんで話せる(粗筋)」ようにしてください。
論理を説明するときには、「おもしろおかしく」は余計な話になります。

②企画書ストーリー
企画書作成をする場合は、
前提として与えられた条件やデータ分析の結果などを、
図に例示した「企画書のながれ(ページ構成)」で作成してください。
プレゼンテーション用に全部使うかどうかとは別問題です。
・思考の記録(判断の根拠)として作成します。
・プレゼンテーション用に抜粋あるいは新たに作成します。
など用途(説得ストーリー)に合わせて再編集します。
ここで重要なのは
・「要約版」を冒頭に配置すること
それはプレゼンテーションの粗筋にも近いものです。
・作成したページはすべて使ってください。
「後で読んでおいてください」はタブーです。
・使用した文書は、「すべて相手に渡す」こと
後で渡すチャンスはありません。
今日の成否で、一巻の終わりかもしれません。

③説得ストーリー
あなたが、「どこから・どのように話すか」のストーリーです。
どこにどのくらいの時間をかけるか、も決めてください。
会社によっては「3分」しか与えられない場合もあります。
トップによっては「1分で話せ」という人もいます。
※①②の準備をしておくと「1分で話せます」
このときの「1分の話(あるいは要約版)」が「説得ストーリー」です。

注意ポイント
因果関係や出来事の「時系列」とは限りません。
最初からいきなり「最後のかたち」を伝えるなどもありです。
提案相手に合わせて「シナリオ(粗筋ストーリー)」を考えてください。
あなたが「これなら勝てる!」と思っていないと、
どんな話をしても企画は通らないでしょう。

補足

個別スキルについては検索してみてください。
検索キーワード
・Scenario Writing(シナリオライティング)うまく書く
・Storytelling(ストーリーテリング)うまく話す

話を組み立てるときの自分の弱点がどういったところにあるか
などに気づかされます。以下を検索してみてください。
検索キーワード
・シノプシス
・ストーリー
・シナリオ
・インデックス
・サーマリー
・マスタープラン
(※)ディティール(詳細化)
(※)プロット(ネタ・素材・部品の配置)

これらをまとめると
①プロットを立てる
②プロットに枝葉が生えてシノプシス
③これらが数本で骨格を形成(スケルトン)
④話としてまとめれば完成ストーリー
となります。

企画力まとめ
(K)企画力学習は
「何が肝心なのか(何を求めるべきか)」をわかって学習しましょう。
(K)あそび心(企画が通りやすくなる)は、
対処範囲が広すぎるので今回は割愛します。
(K)企画力確保への「企画学習のかまえ方」終了です。

シェアお願いします。
↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket